じつは、凹んだままでも生きてゆける。

27歳男が自分を含む社会と調和するドタバタ☆ラブコメディ!

書きたいものが書けない。それは書きたいものが存在するといえるのだろうか問題。

なにかを書こうと、この一週間おもってきた

メンヘラ歴、

これからのこと

仕事関係。

 

それらを考えるために本や記事を開くのだが、進まない。

それらは畢竟他人様の考えでしかないからだ。

 

この具体的な私から発したといではないのだ。

なにをかけばいいのかなんてどこにもかいていない

 

教科書的に考えることをやめよう

自分自分の答えをバズらないこと必須でも論旨がまとまっていなくても

バリューゼロでも書記していこうと思う。

そのプロセスに価値が宿ることを信じて。

ツイキャスがやりたい

あり方について

メンヘラりからのリカバリーについて

バンカーショットのうちかたについて

自分の病的な精神構造の組成を組み替えるには

完璧にやるには10年

最低3年はかかるだろう。

もちろん、ふつうの生活をしもってということだけれど。

 

精神の問題からの蘇生は牛歩の歩みだ。

 

朝は発想の泉

ものを処分している。

本より難しいのは服だった。

冴えない服がたくさんあふれている。

学校の体操服とか捨ててしまいたいのだが。

バジェット(予算)管理

月の予算 

・おこづかい3000円←多いか

・袋麺2000円

・貯金1000円

+調査

アイジャグを信じれなくなった日

スロをひさびさに1000円だけやった。

どんだけ期待値ある台を探そうとも、今日はペカる!という霊気が沸いてこなければ出ないわ。

履歴のいいやつより、履歴のわるい大きくへこんだでいるやつをやれば新天地になれたかと反省。セオリーでは成長はできないのだ。

 

 

簡単にインプットできる情報は大したことないって話し。

図書館の本

youtubeで聞き流す動画

それらは僕を満足させなくなってしまった。

 

自らの演習

体験・経験

そういうものが必要になってきた

 

主体的学習とはすなわち自己変革を要するものだ。

安全つまりセーフティな学習ではイノベーションはおこらない。

メンタル就活

佐藤可士和の整理術はとても使える。こんまり本の次の一冊。

捨てる→整理→収納→再び捨てる

のルーティンを回す。

 

・27歳、高認中卒。英検2級と普通免許くらいしかアピールできる資格なし。

正規バイトも3ヶ月くらいしか続いたことないし、いきなり正社員はキビシイのだろうな。

でも、せどりとかで若さを消費してしまうのはヤだ。

6ヶ月~1年くらいで取れる資格で履歴書を補強せねば。