ユーフォリア・ドリル。

スピリチュアルこじらせブロガー。

2021-03-20から1日間の記事一覧

今日の〆

少しラクになった。 文章を書くことについて。 本質に切り込めないでいる感じがあったのだが 少しナラティブでいけているところがある。 進歩としてはわずかだが 大きな一歩だと思わせてください。

世界の変化を押し止めることはかなわない

日経テレコンをみながら思う。 大した読みはできていないが。 なにがしか意味のあるものを作っていけたらと思う。 今はぜんぜんダメだけどね。

長くはかかない

150文字ごと書けてればOKかなということに 今はしておこう。 インプットばっかしてきたから知識の虫干しもしなくちゃね。 そういうこと。

不足しか見えなくて

生きるのが困難な人々へ 孤独について (文春文庫) 作者:中島 義道 発売日: 2008/11/07 メディア: 文庫 この本が一番闇が深かったころによんでたまげた本。 おれのことがまんま書いてあるじゃねぇかよ! ていう驚き。 頭が重い様を片栗粉で比喩しているところ…

イタイ本

メンヘラ暗黒期に読んでいた本のことを思い出す。 そりゃ全部は思い出せないよ。 でも、一部、そして今も本棚に陳列されているものがある。 渦中は大好きだった本たちだ。 しかし、いまでは色あせてみえる。 自分の感情が冷めてしまったのだろう。 けれど、…

マケスピ2

わずかばかりの入金でけれどマケスピ2をいじっている。 日経テレコンがみれるのがうれしい。 いつものくせで成果をスグ求めてしまうが、 それをいなして こつこついこう。

ホットペッパーはカラーだ。

それなりにおいしそうな食べ物や人物がのっている。 切り抜きにしようと思う。 今どきカラーなんてコスト書けれるところじゃないと厳しいからね。

書きたいより読まれる文章を

書きたい文章なんて その気になれば書くまでもないこととして片付けられる。 いっぽう読まれたい文章は読者に届くことを願うので 書かないと成立しない。 そういうこと。

本質に切り込みたい

なかなか集中力がもたないというか 言い訳なんだけど 中身のあることをかけない 本質に切り込めないでいる。 それはたぶん自分を知るのが恐ろしいからで。 成果か死か。

メンヘラリズム

メンヘラにはメンヘラのリズムがある 昼夜逆転 自傷癖。

メンヘラの矜持

メンヘラがメンヘラであることを堂々としていればいい。 そうなるしかなかったという事情もある。

メンヘラのふりして

メンヘラの知的生産。 今だとなにやってたかわからん。 僕の場合はただただブックオフの100円棚でめぼしいものを買いまくるということをしていた。