ユーフォリア・ドリル。

スピリチュアルこじらせブロガー。

2021-12-22から1日間の記事一覧

そういうこと

ノルウェイの森(上) (講談社文庫) [ 村上 春樹 ]価格: 682 円楽天で詳細を見る 生煮えのきおくで溢れている。 自分がしたこと できなかったこと 今にいたるまでのこと。 なにをしていいのかわからないこと。 そういうことが一緒くたになってオレに襲いか…

書くキーワード

自分のことは自分がいちばんわかっていないと思っている。 自分にできること ハンドメイドで自分の考えを書き出すこと その労力と熟達 なにができるかという問題 できるだろうか いや やるんだ

自分にできること

速筆というわけじゃない ことばがまとまっていない それでも必要なことはある ありていの文法とは矛盾する 人間のエモーショナルな部分はそういうもんだろう そこに序列をつけ構成するのが ひとつなのだろう。 できることはあるか? できることはあるか? 問…

ことば、そして

なにができるかはわからない 具体的なこと 結論をいそがない 内容を気にしない 自分にできることは 自分でやってみること できること 答えばかりを追い求めていた それらの整理がしたい できるだろうか できるだろうか なにか必要だろうか そのためになにが …

言葉とともに

なにがかけるか まだまだわからない リストアップというか一度頭をからっぽにする必要がある。 そういう意味で なにができるか自己啓発はすきだった夢見がち 自分語りをしたい 自分をかたりたいのだが セーブする自分がいる 抑圧やね。 まだうつのときのクセ…

生活の明滅

そこに息づくもの できること できることはなにか 答えを探す ノンストップライティング できることを書く できることをみる できることを話す できることできること 精神の重力を更新する。 自分に新しい性質を見出す 言葉と言葉でありふれたものの再結合 …

自分を主語にすると

かけることもかけなくなる そもそも書けることなんてあったのだろうか 満足に書けること 書くに値すること スイングすること できることはなにか 答えを急いでしまう。 アプローチが大切 テンではなくセン そしてメンだぜメーン。 そういうこと

うつのときのほうが

文章は書けてたと思う。 答えを求める推進力があった。 今はあんまり本を読まない。 うつの段階にもいろいろあって そのつど自己啓発のお世話になったけれど。 ていねいに一度書いてみたい。 それをテーマに。 そういうこと

自分という絶対零度

自分のことをかこうとすると 迷路になる。 なにもしたくないのと 誰かに励ましてもらいたいのと ギャンブルの政治性 家庭の政治性 なんになるだろうか ことばとしてまとめたいけれど それを拒む自分がいる。 自己矛盾 両義的な存在 そういうこと

ノンストップライティング

自分の関心がどこにあるのか なんなら自分の表現をすることができるのか 文章にする。 これは第一条件だ。 視認性をもつこと。 これが第一条件だ。 どこへもいかず ことばも散漫だが ストレス耐性として文章を書いていきたい。 今日は作業所。 ひさびさにタ…

ノンストップライティング

自分の関心がどこにあるのか なんなら自分の表現をすることができるのか 文章にする。 これは第一条件だ。 視認性をもつこと。 これが第一条件だ。 どこへもいかず ことばも散漫だが ストレス耐性として文章を書いていきたい。 今日は作業所。 ひさびさにタ…

自分の悩み

があって それに対する施策を考える。 なかなかうまくいかないけれど 誰でもできることだろうか。 自分にできることだろうか 悩んでいるんだけれどかたちとしてとれていない。 やれやれ

自分の悩み

があって それに対する施策を考える。 なかなかうまくいかないけれど 誰でもできることだろうか。 自分にできることだろうか 悩んでいるんだけれどかたちとしてとれていない。 やれやれ

まにまに

言葉を紡ぐことを考えている。 自分の人生に影響を与えるもの なにができるだろうか?