ユーフォリア・ドリル。

スピリチュアルこじらせブロガー。

ノスタルジックに

www.youtube.com

 

具体的なフィードバックはなくても

誰かのメに付く可能性があるというだけで

十分心の通気性はたもたれるものだと僕は確信する

 

誰も読んでいなくていいだ。

でも、このチラシの裏は公開しておく

可能性の海にただよわせておく

それは、ローカルなメモ帳に書きつられられる世迷い言と明確にレヴェルが違うのだ。

 

ここにかくとき

メモ帳でかいているときの文体とはおうおうにして違うものになっていることに気づく

エッセイに近いのだろうか

もちろん、たいしたものではないのはわかっていることだが。

 

とくに伝えたいメッセージというものはないし、可能ならばステートメントのように結論付けてかけたら万事OKだと思っている。

 

なんだろうな、三秋縋の影響は大きい

彼の跡をおっているような気分だ。

 

手紙は得意だった。

自分の思いを一気呵成にかけるし、誰に届くかも明確でね

そして、ある程度は好意的に読んでくれるだろうということも予想できる。

 

このブログはなんだろうな。

思いつきを書いている。正直ね。

ただ、その過程を楽しんでくれるひとがいたらいいなと思っている。

そこまでのレヴェルじゃないけど、うだうだかいているそのうねりに

こころがほぐれる人がゼロじゃないかもしれない。

そんな可能性に胸をおどらせている。

 

そんなかんじ。