言葉を声に

なにかかきたいとは常々思っている

が、いざ書くだんになると筆が進まない

そういうジレンマを抱えている。

ぼちぼち。