ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

文章化による向上

文筆に夢をみていた。

しかしそれは生活と一緒だった。

文体は生活に根ざす、というなことをハルキムラカミがエッセイのなかで書いていたと思う。

 

一個ずつ丁寧に問題を解決していく。

手間をおしまない。

今まで敬遠していたものと向き合う。

人生だ。