ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

その先の

答えをみつけるために

書いている

内容としてはなにもかけてない

ずっとアイドリングしているようなものだ

だが、書きたいテーマはある。

そこにいかに肉薄するか

時間がいる。

じっくりすすむ。

自分の能力と見合うものまでしかかけない

なにもかけない。

ここからはじまる。

 

自分のかけること

それはなんだろう。

集中力をもち

文体を保った状態で

書くこと。

それができるようになるんだ。

そういうこと。