ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

書いてみるまでわからんのだ

書く準備体操をしているのだろうか

わからない

ただなにかをタイプしないといけない気になっている

外にむかって価値創造するのだ

なんの役にたっていなくても

自分のためになっているなら

それはそれでいい

まず自分がなにかくかを自分でみつける。

そういうこと

絶対に書いてみないとわからないことなんだ。

たぶん。