ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

言葉にしてみて

はじめてわかることがある

モーニングページでノートに書きつけるのと

こうやってはてブロで書くのとではやっぱり違う

ブログは公共に向かって書くという姿勢が入る。

少し言葉にも社会性がみにつく

そんななかでなにをしていくのか

言葉を連ねていくことはとても大事

諦めそうになるけれども

縋るしかない

言葉の可能性に

いつもなんどでも。