ユーフォリア・スタディ。

メンタルこじらせ系ブロガー。

鷲田小彌太と鷲田清一

同じ鷲田でも臨床哲学が清一、人生論が小彌太

中学3年とか高1くらいのときに古本で鷲田小彌太にふれた。

自分で考える本はそのときの自分に必要なエッセンスが含まれていたというか

なんか面白いこと書いているなという実感をもった。赤線もいっぱいひっぱった

 

その鷲田小彌太に再び入門している。

読書猿さんが火をつけた独学ムーブメントの嚆矢だと思っている。

感覚で読んでいるから大したことは書いてないとは思うけれど。

読後感が心地よい。

そういう本は案外少ないからうれしい。