いくらか儲けるかではなく

いかに損できるか

損は避けられない

収支がたとえマイナスであっても

なにかと帳尻があったりする

そこは現実的に。