世界にいるのは

おれだけじゃない

そこが発展のすみか。

思い出の帰り道。

 

どこまでいけるか

わからない

すぐ終わってしまうだろう

でも

それでいい

挑んだんだ

そこにだ。