ユーフォリア・ドリル。

スピリチュアルこじらせブロガー。

鷲田こやた先生に刺さり待った本がすぐ出てきた

 

読書人の立場 (1977年)

読書人の立場 (1977年)

 

 

 県立の図書館にひーこらいってみたのを覚えている

 

当時の読書リテラシーではこの本のかたさを甘く見ていて

なんで公共図書館でおいてないんやと思った

 

読んでみて

ぁ。(察し

と、ずいぶん浩瀚であるさまをみた

 

本の状態がへたへただったこともあって読み下せなかったが、

今ならチョー安くかえるじゃん!

というわけで買います。

 

楽しみ。

 

谷沢永一さんを書誌学者としてあるいはコラムニストとしても再評価する機運が自分のなかにある。

 

おおきに。