学習ノォト。

学習・解説・書評コンテンツなりや。

プロフェッショナルの条件が纏うユニークな存在感

 

 ここ5年くらいなんども読んでは、やめ、なんかちがうんだけど、また読む。

というのをずっと繰り返している。

 

全体としてはいまや新しいことはいっていないのだけれど

特に自己啓発の部分は、くびねっこをひきずられるようにまた読み返したくなる。

幸い流通しているので、中古本でも安めで手に入る。

 

なんなんだろうなこの本の独自の存在感は。

とてもユニークだ。

 

確実にいえることは、仕事に関する指針をくれるということだ。

よくよく読めばおもしろい。

要約したら陳腐なんだけど、一文一文読むとめちゃくちゃおもしろいという。

これが、ドラッカーの魅力なんだろうな。

 

大切な一冊だ。