その知のさだめ

思い出すことはしばしば

なんでもないこと

それでいい

わかりやすいこと

その名前

できること

あるからこそ

そのさなかに

思い出のなかに。