ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

言葉の翳り

思い出すこと

ああ

思い出すこと

 

靴を足に合わせるのではなく

足を靴に合わせようとした10年だった。

 

今振り返ることは十分にはできない

いつまでも中学生、高校生時代を引きずっているようなものだ。

やれやれ

具体的に話せる

エピソードトークができるようになろう。

話術を磨こう。