世界ともの

小説をひびさに読めている。

五木寛之のレッスン。

今は石田衣良娼年

自分の文章が書けるようになったらなと企んでいる。