死人のように

生きることもできる。

そうだった。