意味もなく

必要なことは必要である、あったのだ。