ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

深夜テンションはてぶ。

話すと自分もまいあがってしまって散漫になる。

 

書くことは自分の中に沈潜していく。

沈思黙考である。

 

なにか行動をおこしたい。

しかしポイントサイトではやらされている感がある。

フリーハンドになにかしたい。

深夜のコンビニでは動きすぎである。

 

そんなときにブログを書いていたい。

こうしたい

こうしていきたい。

そうやって重奏的に前進していこう。

 

本”だけ”で学ぶ時代の終わり。

青年期の終わり

そして社会人として納税して構成員として活動していく時期

そんなフライな時。

 

あると思います。

 

書けなくて、ツイキャスでしゃべったりしたけど、

やっぱり書いているのが自分に蓄積していっていると思う。

書くかわりに読んでいた。

読むかわりに書いていこう。

 

そうだ。