ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

言葉のあや

書くのにアイドリングが必要かもしれない

いきなり本質に到達するのは難しい

ハルキも執筆前には昨日書いた原稿を読むといっていたな。

 

自分がかけるもの

自分からかけるものを抽出すること

なにができるだろうか。

自分の思いのたけをぶつける。

できることはなにか

やれることはなにか。

わかっているようでわからない

そうつぶやいている。