ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

自分にできること

と書いておきながら

具体的には考えていない

抽象的な段階でとまっている

その利点は

自己完結でいられるからだ

客観的にみなくていい

それがラク

それを続けていたかった

でも

である。

それではいけないのである

自分のためにも

世界のためにも

自分でできることをやる

自分にできることをやる

具体的には書きたくない

あやふやに今は書いておきたい

そういう状態

そういう感じ

思うままできるままに書いている