ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

なにかが書きたかった

自分の精神の懊悩を表現すること

果敢にとるこむこと

いつも万全のタイミングで書けるわけではないということ。

 

なにかをつかもうとしている。

自分で生産していかなくてはならない

ひとりの人間として

これは責務だ。

 

ただ内容がよくわからない

ただ内容があることが書けるかどうかわからない

そして自分の思う形ではないんだろうなということも今ではわかる。

ひとつまとめていこう。

わかるところから。

毛糸をほどくように。