ユーフォリア・スタディ。

しぃくんの未来のなる木

思い込みと先入観

一世一代の超大作をかかないと自分が納得しない。

と思うけれど

実際にはその一世一代の傑作というのはいろいろ書いてから

あとから評価されるということだろう。

一足飛びではいけない。

 

自分の非力をなげく、認めたくないから

書く筆も遅くなる。

 

大したことかけてないけれど。

自分のできることはとにかく書くことと向きあうこと

自分ができるように。