ことばで向き合う

抽象的ではある。

なにをしたいのか

自分のもとめるもの

それをあいまいにしている。